วัดป่าประดู่
c0039685_19112949.jpg


涅槃仏(Phra Puttha Saiyat พระพุทธไสยาสน์)で有名なお寺です。
ラヨーンの中心街にあります。

c0039685_19135159.jpg


それほど大きくはありません。8メートル程。
左下で横たわっている姿は非常に珍しいです。

c0039685_19151622.jpg


足下には仏足石があります。

c0039685_19162952.jpg


涅槃仏を安置してあるお堂。

この寺にはもうひとつPhra Puttha Palilai(พระพุทธปาลิไลยก์)という
座像がありますが、見忘れました。
[PR]

by 100chedi | 2005-03-15 19:25 | ラヨーン | Comments(3)

Commented by TAM at 2005-03-16 13:44 x
こんにちは。
このお寺の涅槃仏見たいです。
前に座ってゆったりしたいなぁ。
ラヨンも行ったことがないのですが、友達が住んでいるので移住後に遊びに行って見ます。
Commented by kumiko at 2005-03-16 19:17 x
タイの仏像って、テレビ体勢(寝転んで肘つく)+金ぴか、が多いですね。
日本の仏像って、胡坐?座禅?スタイル+黒?石色?ですよね。

それは、仏教の宗派とかの違いですか?
宗教についてはうといので、お勉強しなくちゃですよね。。。★
Commented by 100chedi at 2005-03-16 22:30
TAMさん、こんばんは。
お顔がとても良いんですよね。
書き忘れてましたが、ふつうの涅槃仏とは向きが反対です。
ラヨンは果物が安いし(とくにドリアン)、海はきれいだし、
良い所です。

kumikoさん、こんばんは。
僕も詳しい事はよくわからないのですが、
タイは涅槃仏が多いですね。
でも死の床にいる釈迦というよりは、
確かにテレビ体勢かも。皆微笑んでいるし。
日本の仏像も、もともとは金ピカですよ。
タイ人のように塗り直したり金箔を貼ったりしないから
黒くなってますけど。

<< #038 ワット・ルム・マハー...    #036 ワット・コ・ロイ(ว... >>