どうやって入手したのだろう、とか考えると何ですが.....
このサイトの
このページ
日本円で150万弱、いかがでしょうか?

スパンブリーのワット・ケーにあるものと似ていますね。
ワット・ケーのは単体で造ったのだと思っていたけれど、
このサイトに似たような模様の鉢を抱えた水曜日仏もあるので、
おそらく、これもワット・ケーのも曜日仏の1体みたいですね。
最近の曜日仏は、いかにも大量生産という感じですが、
この様式で7体(水曜を分けると8体、全曜日仏入れて9体)並んだところを
見てみたいものです。
[PR]

by 100chedi | 2012-10-24 11:58 | タイ王国 | Comments(0)

<< ミャンマー、ピンダヤの涅槃仏    哲学堂と水道タンクと >>