地図







修復して、サーラーを建てるようですね。
[PR]

by 100chedi | 2015-09-21 20:04 | アユッタヤー(アユタヤ) | Comments(4)

Commented by マレーンポー at 2015-09-27 23:31 x
100chedi様
こんばんは。
とうとう場所わかりましたか!
アユタヤ最近周っていませんし、来月ぐらい一度行ってみたいですね。
Commented by 100chedi at 2015-09-28 19:17
マレーンポーさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
ワット・ヤイチャイモンコンから1キロなんて
情報もあったのですが、
どうせいい加減な事言ってもっと遠いだろうと思って、
GoogleEarthでもっと下を探したりしましたが、
600メートルとすぐ近くでした。
修復はすぐだとは思えませんが、貴重な記録を楽しみにしています。
Commented by マレーンポー at 2016-03-13 17:24 x
お久しぶりです。
ようやく今日、600年涅槃仏見てきました。
まだ周りはほとんど観光客の手がついていない状態でした。
が、すでに涅槃仏の修復?は開始されており、胴体部は骨組みに囲われていました。
しかもご尊顔はコンクリだか石膏だかで塗りたくられていました。
間に緩衝材が挟まっているようなので、破損を防ぐための応急処置と思いたいですが…
どのような修復になるかわかりませんが、発見当時の姿が見られるのも今のうちかもしれませんね。
Commented by マレーンポ― at 2017-10-03 12:29 x
おひさしぶりです。
最近GoogleMapのサテライトビューで、この部分に屋根が出来ていることに気付いたので、先日再訪してみました。
もう、完全に?修復済で、古いパーツは、表面のところどころに継ぎはぎのように残っている状態でした。
(しかも、修復前のパーツよりだいぶ少ない気が…)
やっぱり、もう当時の朽ち果てた姿を拝むことは出来なくなっていました…
残念ですね。

<< 涅槃仏情報    タイムライン鑑賞 >>