伊豆大島に甚大な被害をもたらした台風26号。
この台風の名前「ウィパー」がタイ語だと知ったので、ちょっと調べてみました。
台風の名前は、台風委員会が付けた140のアジア名を順番に使用していて、
その中にタイ語の名前は10個あります。

12番目 พระพิรุณ Prapiroon プラピルーン (雨の神)
26番目 มังคุด Mangkhut マンクット (マンゴスチン)
40番目 วิภา Wipha ウィパー (女性の名前)
54番目 รามสูร Rammasun ラマスーン (雷神)
68番目 เมขลา Mekkhala メーカラー (雷の天使)
82番目 อัสนี Atsani アッサニー (雷)
96番目 นิดา Nida ニーダ (女性の名前)
110番目 ชบา Chaba チャバ (ハイビスカス)
124番目 กุหลาบ Kulap クラー (薔薇)
138番目 ขนุน Khanun カーヌン (ジャックフルーツ/パラミツ)

124番目の日本語名は末子音を無視してますね。普通にはクラープでしょうか。

現在140個のリストの3周目で、2周目までは
26番目はทุเรียน Durian (ドリアン)、82番目はมรกต Morakot (エメラルド)でした。

ちなみに昭和26(1951)年以降の台風最多発生数は39(昭和42、1967年)で、
もし今年最多の40号が発生したら、名前は「ラマスーン」になります。
(2000年の12月30日発生が今までで一番遅い)
[PR]

by 100chedi | 2013-10-19 11:22 | その他 | Comments(0)

c0039685_1922251.jpg

日経BPの新しいシリーズ(になるかもしれない...)、「こだわり歴史紀行」の
”ポーランド”が電子書籍で刊行されました。購入はこちらから。
是非シリーズ化して欲しいものです。
タイ全土では無く「こだわり歴史紀行 ラーンナー(タイ北部)」を希望。
[PR]

by 100chedi | 2013-09-27 19:59 | その他 | Comments(0)

c0039685_21273175.jpg

以前に「旅名人ブックス、絶版?」という記事を書いたのですが、
未だに”旅名人、絶版”で検索してこのブログに来られる方がいらっしゃるので、
版元に問い合わせてみましたが、やはり残念ながら2011年の春に絶版になったそうです。
(書店からの取り寄せも不可との事です)

電子書籍化や別の紀行シリーズの刊行予定も無いそうですが、
同じような旅シリーズを発行したいという思いはあり、取り敢えず今年の秋に
テスト販売的に電子書籍を1冊出すそうです(出たら紹介する予定です)。

今、amazonでハ゛ーケ゛ンフ゛ックとしてシリーズの何冊かは安売りしているので、
新品を買えるラストチャンスかも知れません。
私はさっそくタイの3冊と、タイ族も住んでいる雲南を注文しました。
[PR]

by 100chedi | 2013-08-20 21:45 | その他 | Comments(0)

c0039685_16155970.jpg

今日、最終巻の第7巻が刊行されました。
[PR]

by 100chedi | 2013-08-13 16:20 | その他 | Comments(0)

以前にベトナムには大きな涅槃仏があるけれど、観光名所では無いとか書きましたが、
昨夜の世界の車窓からで、そのタク山にある49メートルの涅槃仏が紹介されていました。
寺院の建立は100年ちょっと前で、涅槃仏は古くは無さそうですがエントリーしておきます。

リンソンチュントー タク山(ファンティエット)
[PR]

by 100chedi | 2013-03-22 18:10 | その他 | Comments(0)

なんとなく毎日書いてますが、そろそろネタ切れ.....

c0039685_11451022.jpg

東洋文庫の新訳ラーマーヤナの第3巻がちょっと前に出ましたね。
半年ごとに出していくのでしょうか。
春に第4巻が出るのなら、読み始めても良いかなと思っています。

c0039685_11452159.jpg

そして東洋文庫で、この本も出ていた事を忘れていました。
楽園の泉の次は、スリランカの紀行文(エッセイ)を読むつもりでしたが、
こちらの方が優先順位「高」です。
[PR]

by 100chedi | 2012-10-28 11:50 | その他 | Comments(0)

前のエントリーでも「悲劇」なんて使いましたが、こちらは本当の悲劇。
9月の終わりにバングラデシュで、暴徒化したイスラム教徒に
仏教寺院が焼き討ちされたというニュースをぼーっと聞き流していたのですが、
そういえばバングラデシュの涅槃仏をちゃんと検索していなかったと思って調べてみると、
凄惨な状況だったのですね。
[PR]

by 100chedi | 2012-10-22 12:32 | その他 | Comments(0)

さて、この企画も最後です。
あまり涅槃仏の多くない国のものをまとめて紹介します。

インド
2つしかありませんが(もしかすると他にあるかもしれませんが)、
ともにとても重要です。

ニルヴァーナ寺院(涅槃堂) クシナガラ (釈迦入滅の地)

アジャンター第26窟 アジャンター (世界遺産の磨崖仏)


ラオス
世界遺産の地、ルアンパバーンから2つ選びました。

ワット・シェントーン ルアンパバーン

ワット・パバートタイ ルアンパバーン


マレーシア
他の国にあったら選ばれませんが、観光名所なので一応。

ワット・チャヤマンカララーム ペナン

チャラ洞窟 クアンタン

ベトナムやインドネシアにもそこそこ大きいものがありますが、
新しく観光名所にもなっていないようです。


韓国
古いものではなさそうですが、薬師如来の涅槃像と珍しく、中に入れるようです。
余談ですが、臥佛で検索すると全羅南道和順の雲住寺という所の磨崖仏が出てきますが、
地面から出ている石に坐像だか立像を彫ったので、寝ているように見えるだけで、
涅槃仏ではありません。

百泉寺 慶尚南道泗川


タジキスタン
6~8世紀頃の古いものです。日本で公開されたことがあるみたいですね。

ドゥシャンベ国立博物館(アジナ・デパ出土) ドゥシャンベ


アフガニスタン
トリはやはりこれでしょう。玄奘三蔵が見たという涅槃仏です。

幻の300m涅槃仏 バーミヤン


追記
中国で2ヶ所追加です。
法王寺 河南省鄭州市

千尊玉佛寺  天津市西青区
[PR]

by 100chedi | 2012-10-21 16:30 | その他 | Comments(0)

カンボジアは3ヶ所くらいかなと思っていたのですが、
探してみると古そうな所がいくつか出てきたので、
単独で立てることにしました。

Wat Preah Prom Rath シェムリアップ

プノンクーレン(プリア・アントン) シェムリァップ

アンコールワット シェムリァップ

バプーオン シェムリァップ

ワット・タプローム タケオ

プノンソントック コンポントム (5体)

プノンウドン カンダール (足のみ)

プノンプロサット カンダール

あと、この涅槃仏(検索結果1番目バナーの磨崖仏)は
おそらくプノンクーレン付近にあるものだと思うのですが、
現時点で他に情報を見付けられなかったので、詳細不明です。
[PR]

by 100chedi | 2012-10-20 15:23 | その他 | Comments(0)

今回は中国編です。
今までほとんど調べていなかったので、急遽検索しましたが、
中国語で”卧佛”くらいしか分からないので、取りあえずこれで精一杯です。
探せば明や清代の2~5メートルくらいのものが出てきそうですね。
(あと莫高とかで下の有名な2つ以外にあったりするのでしょうか?)
表記が日本、中国語でバラバラなのは勘弁して下さい。

莫高第158窟 甘粛省敦煌市

莫高第148窟 甘粛省敦煌市

炳霊寺 甘粛省蘭州市

麦積山第1窟 甘粛省天水市

大佛寺 甘粛省張掖市

キジル石窟 新疆ウイグル自治区アクス地区バイ県

興教寺 陝西省西安市

青华山卧佛寺 陝西省西安市

十方普覚寺(卧佛寺) 北京市海淀区

法源寺 北京市宣武区

玉佛寺 上海市安遠路

青檀寺 山東省棗荘市

钓鱼城悬空卧佛 重慶市合川区

大足石窟 重慶市大足区

安岳石窟卧佛院 四川省資陽市

法華寺石窟 雲南省昆明市

卧佛寺 雲南省保山市

海宝塔寺 寧夏回族自治区銀川市

巴林右旗博物館 内蒙古自治区赤峰市

法王寺 河南省鄭州市

千尊玉佛寺  天津市西青区


次のは、制作年代が比較的新しいので(7、80年前)、保留です。
马龙山卧佛 重慶市潼南県

もう一つ楽山大仏の近くに170メートルという、もし本当なら世界一の磨崖仏があるようなのですが、
詳細は不明です。比較的最近のものなのでしょうか?(なんとなく古そうですが)
http://chingnengbin.blogspot.jp/2008/12/backpacking-to-tibet-part-1.html
(個人のブログなのでコピペして下さい。)
[PR]

by 100chedi | 2012-10-16 18:16 | その他 | Comments(0)