地図







修復して、サーラーを建てるようですね。
[PR]

by 100chedi | 2015-09-21 20:04 | アユッタヤー(アユタヤ) | Comments(3)

c0039685_20122954.jpg

アユタヤ郊外の涅槃仏巡りも考えてみましたが、移動距離が200キロ近くあるので、
10時間近く掛かりそうです。車をチャーターするとなると、アユタヤの相場は分かりませんが、
チェンマイでの経験からすると、3000バーツ以上でしょうか。
またすべてが旧市街のような観光寺院でもないので、
運が悪いと本堂が閉まっているなんて事もあるかもしれません。

c0039685_20323958.jpg

内容的には、巨大涅槃仏(1つはバンコクのワット・インの立像と同じ高僧が造ったもの)に、
仰向け、棺桶とタイの涅槃仏巡礼には外せない所ばかりです。

九涅槃仏のエントリーは自分が回っていないのと、ちょっと思うところもあって
寺院名や場所をあえてテキストに載せていません。詳しくは100chedi@excite.co.jpまで。
(ポスターから調べられないこともないですけど.....)
[PR]

by 100chedi | 2013-04-02 20:46 | アユッタヤー(アユタヤ) | Comments(0)

c0039685_19525742.jpg

去年600年前の涅槃仏が見つかったり、プミポン国王の記念公園が出来たりして、
アユタヤの旧市街近辺だけで9体揃ったので、今回も宣伝ポスター風に並べてみました。
[PR]

by 100chedi | 2013-04-01 20:50 | アユッタヤー(アユタヤ) | Comments(0)

アユタヤで見つかったみたいです。

リンク




[PR]

by 100chedi | 2012-11-20 13:18 | アユッタヤー(アユタヤ) | Comments(0)

วัดหน้าพระเมรุราชิการาม

頭に宝冠をのせたとても美しい仏像が本尊のお寺ですが、
訪れた日はほとんど人がいませんでした。
新しく奇麗なことも大事ではあるけれど、やはり御利益が一番のようなので、
同じ降魔印(手の形です)の
モンコンボビットやパナンチューンに人々は集まるようです。

アユタヤで撮った写真のうち、
特に堂内にある仏像のものがほとんどピンぼけで、
そのことを彼女に話すと「ごめんなさいした?」と聞かれました。
タイ人は写真を撮るときに仏さまに敬意を払わないと
罰が当たると考えているようです。
単に操作方法が良くわかっていなかっただけなのですが、
それからは、心の中で一言ことわってから
シャッターを押すようにしています。

c0039685_16535162.jpg


Phra Phuttha Nimit Wichitmarnmoli Srisunphet Boromtrailokanart
พระพุทธนิมิตวิชิตมารโมลี ศรีสรรเพชญ์บรมไตรโลกนาถ
[PR]

by 100chedi | 2005-02-06 17:01 | アユッタヤー(アユタヤ) | Comments(0)

วิหารพระมงคลบพิตร

アユタヤの遺跡群の中には、寺院やチェディが数多く残っていますが、
そのような廃寺を巡礼の場としてカウントするかどうかです。
日本の場合は木造建築のため、戦火や雷火に焼かれると、
基本的に礎石しか残りませんが、
タイの古い寺院は石で出来ているので、
破壊されない限り建物は原型を留めています。
礎石は信仰の対象にはなりませんが、
仏像さえ残っていれば祈りの場になりえます。
とは言え、アユタヤの寺院は入場料をとるところが少なくない事もありますし、
また、古くなった寺院、仏像やチェディを
構わず普請して漆喰で塗り固め金箔で覆ってしまうタイ人の気質からか、
新しく見える寺院に人々は集まるようです。

c0039685_1628060.jpg


Luang Phor Mongkolbopitr(หลวงพ่อมงคลบพิตร)
[PR]

by 100chedi | 2005-02-05 16:59 | アユッタヤー(アユタヤ) | Comments(0)

วัดพนัญเชิงวรวิหาร

ここでは大仏に掛ける衣を納めました。
大仏の前に座り手を合わせ頭を垂れると、オレンジの布を被せられ、
寺の人(お坊さんではない)に続いてお経を唱えます。
それが終わると寺の人が布を大仏の足下にいる人に投げ、
さらにその人がうまい具合に布を放って大仏の肩に掛けてくれます。

他にも偉いお坊さんにお経を唱えてもらいながら、頭に水を振りかけてもらったり、
見た目は味噌のような食べ物(結局食べなかったので、味はわかりませんが.....)
を分けてもらったりしました。

先日、彼女が友達から最近よくない事が続いていると相談されたときに、
このお寺へ一緒に行こうと話していました。
所謂、厄よけのお寺なのでしょうか。

c0039685_22511899.jpg


Phra Puttha Trairattananayok(พระพุทธไตรรัตนนายก)
[PR]

by 100chedi | 2005-02-04 23:01 | アユッタヤー(アユタヤ) | Comments(0)