วัดพระเจ้าทันใจ
อ.เมืองลำปาง จ.ลำปาง
c0039685_1657714.jpg


こちらもラムパーン市内。
持っていた地図の寺院欄に星が一つ付いていたので行ってみました。

c0039685_16572490.jpg


本尊。大切にされていますが、名刹の多いラムパーンの中では特に重要という訳ではないようです。

c0039685_16573787.jpg


これと次の建物がこのお寺の見どころのようですが、何の為のものかは不明。

c0039685_16575456.jpg


こちらは古民具がなどが置いてあり、ミニ博物館のようになっています。
ランナーの生活や風習に興味がある人には面白い所かも知れません。

c0039685_16581531.jpg




c0039685_16582682.jpg


左手奥の比較的古いお堂も、後から調べたら見どころの一つのようです。

c0039685_1658354.jpg



地図
[PR]

by 100chedi | 2010-05-30 17:30 | ラムパーン(ランパーン) | Comments(0)

วัดปงสนุกเหนือ
อ.เมืองลำปาง จ.ลำปาง
c0039685_2073467.jpg

ラムパーン市内にあるお寺です。
サコンナコーンで買った108ヶ寺の本に載っていた仏像がどうしても見たくなり、
バンコクへ行く予定を変更してナコーンラーチャシーマーから夜行バスに乗り早朝に到着。
ソンテウ乗り場で声を掛けられたのが、前回案内してもらった運転手のムーさんですぐにチャーター。
バスターミナルだから会う可能性はあったけれど2度目の偶然です。

c0039685_208026.jpg


c0039685_208171.jpg

壁の無いこのお堂の中に目指す仏像があります。

c0039685_2082933.jpg


c0039685_2084263.jpg

ナーンのワット・プーミンと同じように四体の仏陀が四方を向いて座っています。

c0039685_2085546.jpg


c0039685_209913.jpg


c0039685_2092079.jpg

そして隣のお堂にもう1体。

c0039685_209325.jpg


c0039685_2095162.jpg


c0039685_2010351.jpg


c0039685_20101536.jpg


c0039685_20102476.jpg


c0039685_20104620.jpg


c0039685_20114544.jpg

この寺は修復保存の取り組みがユネスコから表彰されたそうで、
私が行ったのがちょうど修復が終わる直前だったようです。
今は観光地化して外国人も来るようになっているかもしれませんが、
市内のお寺では一番のおすすめです。

地図
[PR]

by 100chedi | 2010-05-28 21:12 | ラムパーン(ランパーン) | Comments(0)

長い間このブログをほったらかしにしていて、当分タイへ行く予定も無いのでたまには雑文でも。

c0039685_20573355.jpg


少し前に書店で涅槃仏の写真集を見つけて「へえ、毎日新聞社で出してるんだ」などと思いながら
衝動買いしましたが、中身はミャンマー中心で、タイはワット・ポー、ワット・ローカヤスターラーム、
ワット・ヤイチャイモンコン、ワット・プラシン、ワット・チェディルアンと他チェンマイ2ヶ所
(曜日仏やチェディの脇にあるもの等)とバンコクのワット・インの壁画のみ。
ワット・インは立像の大仏と同じ高僧が造ったアユタヤのワット・サトゥー(วัดสะตือ)にある
巨大な涅槃仏を模写したものですが、調査不足か本物は載っていませんし、少なくともシンブリーの
ワット・プラノーンチャクシー、サムットプラーカーンのワット・バーンプリーヤイクラーンや
スパンブリーのワット・プラノーンはくらいは押さえておいて欲しかったものです。
そして何よりがっかりなのは、この本の最後に載っている涅槃仏。
その1枚の為に出版されたと分かっていたら購入しなかったでしょう。

c0039685_20583950.jpg


そう言う訳で、私も対抗して涅槃仏の写真集を出版しました。北はチェンライ、東はウボン、
西はメーホンソーン、南はナラティワートまで350ヶ所掲載しています
(他に、製本後に5ヶ所ほど見つけ、所在不明も10弱ありますが... 
曜日仏、小さな脇持、境内のオブジェ的なものは除く)。
と言っても自宅でプリントしビジネスコンビニで簡易製本してもらった寺名と地名が載っているだけの
現地に行った時に場所を聞く為に作ったもので、写真がほとんどネットからの拾い物なので、
残念ながら公開は出来ません。

以下、妄想です。

“めこん”あたりから出版してくれないですかね。タイの涅槃仏ガイド&エッセイ。
タイトルは「99プラノーン」。
第1章:ワット・ポーだけじゃない、バンコク涅槃仏案内
第2章:遺跡に飽きたら涅槃仏~アユタヤ~
第3章:知られざるチェンマイ郊外ワット・プラノーン5ヶ寺巡礼
第4章:人気スポット、アムパワーの8ヶ寺9涅槃仏(注目のパーイ、チャチュンサーオ弾丸トラベル)
第5章:南部の涅槃仏聖地、ソンクラー
第6章:水に魚あり、田に稲あり、洞窟に涅槃仏あり
第7章:珍しい“左下”涅槃仏、“仰向け”涅槃仏
第8章:まだまだあるタイ全土涅槃仏紹介
第9章:造立ブーム?GoogleEarthでも見える巨大涅槃仏
ミニコラム:名物・名産品、宿泊情報、ソンテウチャーター・モーターサイレンタル等
(99と言いながら実際は120くらいになりそうですが...)

此のところの騒乱でタイのイメージも悪くなったので、政治の話ばかりでなくこういう紀行文で
タイの良さを再認識する必要もあるのではないかと思いますし、
さらに、英訳すればどこにでも出没するファランの興味を引くと思うし、
現地の出版社と協力してタイはタイで独自編集版を作れば良いし、どうでしょう?
自分のタイ語力では取材は無理ですが、【取材協力】くらいは出来ます。
[PR]

by 100chedi | 2010-05-26 21:33 | タイ王国 | Comments(4)