วัดหมื่นเงินกอง
อ.เมืองเชียงใหม่ จ.เชียงใหม่

c0039685_20594536.jpg


チェンマイの旧市街にある名刹で、
チェンマイのガイドブックにも取り上げられています。

c0039685_2192739.jpg

そして、こちらの涅槃仏は、2009年に桜沢エリカの漫画が原作の
映画「プール」(出演 小林聡美、加瀬亮、伽奈、 もたいまさこ)に登場しています。

c0039685_21143986.jpg

その割には映画がいま一つだったせいなのか、見に行ったという話が少ないような...

c0039685_21163052.jpg

私が作った涅槃仏リストでは、数ではチェンマイが37ケ所で(タイ)全国一です。
その中でもここはお勧めの場所だと思います。
[PR]

by 100chedi | 2012-06-25 21:24 | チアンマイ(チェンマイ) | Comments(0)

วัดเศวตฉัตร
เขตคลองสาน กรุงเทพฯ

まず、今回紹介する涅槃仏の現在のお姿を見て頂きたいと思います。

リンク1

リンク2

およそ200年前に造られた古い涅槃仏ですが、3年ほど前に洪水
(去年のあの洪水ではありません)で損傷を受け、
修復されるのを待っているところです。

c0039685_17152292.jpg


私が行ったのは7年ほど前で、涅槃仏礼拝堂の青い屋根が印象的な誰もいない静かなお寺でした。
このお堂は今はもうありません…

c0039685_1719465.jpg


そして、その時のお姿。

c0039685_17204350.jpg


今思うと貴重な資料ですが、
その時は、鍵が掛かっていて中に入れなかったので、2枚しか撮っていないのです。


バンコクには私が知る限り、27ヶ所に涅槃仏があり、
例の涅槃仏ガイドブックには結構漏れがあります。
調べていると、日本の方のほうが色々行かれていて、非常に参考になります。
タイ人はキャプションを付けていないことがよくあって、場所の特定に苦労します。
現在、568ヶ所。ネットの情報ももうないだろうと思ってもぽろぽろ出てきます。

地図
[PR]

by 100chedi | 2012-06-17 17:40 | クルンテープ(バンコク) | Comments(0)

วัดโบสถ์
อ.เมืองปราจีนบุรี จ.ปราจีนบุรี

c0039685_19413576.jpg


わざわざ行く用事もないプラーチンブリー県ですが(失礼!ちゃんとガイドブックも出ている県です)、
車で日帰りできる所は一通り行ってしまったので、
本に載っていたこの涅槃仏をわざわざ見に行きました。

c0039685_19511832.jpg


そこそこ大きいですが、古いものではないですし、
愛嬌のあるお顔ですがいま一つインパクトがありません。
でもプラーチンブリーにはここを含めて涅槃仏が少なくとも6体あり、手を挙げているものや、
左下のものもあるので、また行きたいと思っています。

c0039685_19551618.jpg


涅槃仏の正面に川が流れているので、写真を撮るなら対岸からが良いでしょう。

地図
[PR]

by 100chedi | 2012-06-16 20:03 | プラーチンブリー | Comments(0)

วัดบางพลีใหญ่กลาง
อ.บางพลี จ.สมุทรปราการ

c0039685_18593998.jpg


認識しなくなったハードディスクから古いデータを取り出せたので、涅槃仏の庫出しです。

c0039685_1914154.jpg


今更取り上げるまでもない、タイ寺院に興味のある人には有名なタイ最大の涅槃仏。

c0039685_193332.jpg


53メートルあるそうです。

c0039685_1935095.jpg


それほど古いものではなく(34年前)、初めは露座だったようです。

c0039685_197178.jpg


体内巡りもできます。

c0039685_1974735.jpg


心臓。。。

c0039685_198387.jpg



地図
[PR]

by 100chedi | 2012-06-16 19:59 | サムットプラーカーン | Comments(0)

このブログも長らく放置していますが、しばらくタイへ行く事もなさそうです。

それでもライフワーク的にタイの涅槃仏についてはネットで情報を集めていて、
550寺以上にあることが分かっています。
(本尊や、礼拝堂に祀ってある大きなもので、曜日仏等は除く)
寺の名前と、県、郡、町、写真を載せたリストも185ページになりました。

タイでは、バンコクとその周辺の涅槃仏のガイドブックが出版された事もあるので、
全国的なものを作ればそれなりに興味を引くと思いますし、
外国人向けは比較的行き易い場所を選び、地方の特色を織り交ぜたものにすれば、
バンコクとリゾート中心の観光から、広がりを持たせることも出来ます。

ただ私ひとりの知識、人脈、能力(語学力等)では当分事が進みそうもないので、
可能性を求めて、取りあえずここに書いてみようと思ったわけです。
修復されずに朽ちていく仏像があったり、
去年の洪水でアユタヤの涅槃仏が被害を受けた事をネットの画像で知ったりして、
あまりのんびりもしていられないと言うこともあります。

具体的に取材をするとなると、200カ所程から絞り込む必要があるので、
77県ほぼすべてを周るのに数か月はかかるでしょう。
下世話に言えば金になる話でも無いし、
どこかの出版社に取材費自腹の持ち込みか、自費出版するようなネタです。
政府観光庁が興味を持ってくれると良いのですが...
(前に銀座で涅槃仏について聞いたり、現地のオフィスにメールで問い合わせても、
知らなかったり、返事が無かったりで、そのルートは躊躇しています)

チャイナートにある朽ちかけた涅槃仏

地図

一応、本の表紙は考えてあります。

c0039685_2030681.jpg


c0039685_20325115.jpg



興味を持たれた方は、コメントをお願いします。
[PR]

by 100chedi | 2012-06-12 20:41 | タイ王国 | Comments(7)