なんとなく毎日書いてますが、そろそろネタ切れ.....

c0039685_11451022.jpg

東洋文庫の新訳ラーマーヤナの第3巻がちょっと前に出ましたね。
半年ごとに出していくのでしょうか。
春に第4巻が出るのなら、読み始めても良いかなと思っています。

c0039685_11452159.jpg

そして東洋文庫で、この本も出ていた事を忘れていました。
楽園の泉の次は、スリランカの紀行文(エッセイ)を読むつもりでしたが、
こちらの方が優先順位「高」です。
[PR]

by 100chedi | 2012-10-28 11:50 | その他 | Comments(0)

錫蘭百寺百塔巡礼に変えた方が良いと思う今日この頃。

BS-TBSで毎週金曜日放送の「世界の窓」
昨夜はアーサー・C・クラークが住んでいたコロンボの家。録画しておいたものを朝に見る。
(いま「楽園の泉」を読んでいる所です。)

c0039685_17535831.jpg


4年前に東京国立博物館で開催された
「特別展 スリランカ 輝く島の美に出会う」のカタログをネットで見付け、
神田の夏目書房(ボヘミアンズ・ギルド)で購入。
スリランカのスの字も興味の無かった4年前なので、当然展覧会は見ていませんが、
この本はスリランカ関連の中でいまのところ一番です。

水道橋の「セイロンドロップ」へ行きランチ。
シンハラ語の寺名が分からなかったので、お店の人に聞こうと思っていましたが、
団体が来て忙しそうだったので、次回に教えて貰う約束をして帰りました。
近所にあったら良いなと思う店でした。

そして今、カルディで買ったセイロンティーを飲みながらブログを書いています。
[PR]

by 100chedi | 2012-10-27 18:47 | スリランカ | Comments(0)

c0039685_2054179.jpg



スリランカ...袈裟も気になりますが.....

火焔形頭飾(シラスパタ)というそうです。
タイの仏像にもありますが金一色。
スリランカにはここがカラフルな仏像があります。

タイ語では、
พระรัศมี もしくは พระเกตุมาลา です。
(รัศมีが光輪 เกตุが火炎 มาลาが冠)
[PR]

by 100chedi | 2012-10-26 21:12 | スリランカ | Comments(0)

Reclining Buddha in the World ミャンマー編で1ヶ所追加です。

寺(パゴダ?)の名前は分かりません。
ピンダヤは洞窟寺院で有名らしいですが、その近くのようです。
(現時点で)検索結果右端上から3番目の写真を前に見つけて、
しばらく忘れていたのですが、洞窟内の小さいものかと思っていたら
検索結果1番目から、祠の中にあるそこそこ大きいものだと分かりました。
近年塗り直された感じですが、愛嬌のあるお顔がとても良いですね。
個人的に是非見てみたい所の一つです。

寺院名称不明 ピンダヤ
[PR]

by 100chedi | 2012-10-25 12:28 | ミャンマー | Comments(0)

どうやって入手したのだろう、とか考えると何ですが.....
このサイトの
このページ
日本円で150万弱、いかがでしょうか?

スパンブリーのワット・ケーにあるものと似ていますね。
ワット・ケーのは単体で造ったのだと思っていたけれど、
このサイトに似たような模様の鉢を抱えた水曜日仏もあるので、
おそらく、これもワット・ケーのも曜日仏の1体みたいですね。
最近の曜日仏は、いかにも大量生産という感じですが、
この様式で7体(水曜を分けると8体、全曜日仏入れて9体)並んだところを
見てみたいものです。
[PR]

by 100chedi | 2012-10-24 11:58 | タイ王国 | Comments(0)

日曜日の話。
テレ東の未来世紀ジパングでゴールデン・トライアングルを取り上げた回の冒頭で、
ドイトンコーヒーが日本でも売っている事を知って、
落合南長崎のカルディーコーヒーファームへ。
その後、新井薬師まで行こうと考えていたので哲学堂の横を通ったのですが、
ふと公園の中を突っ切ろうと思いつき、中へ入るとちょうど建物内を公開中。
ここ数日の涅槃仏集中検索で、ここにも涅槃像があることを覚えていたので、
建物の中へ入って間近で拝んできました。

c0039685_11281653.jpg


建物内部の公開はゴールデンウィーク頃と10月の土日祝日のみなので、
今週末の27、28日が今年のラストチャンスです。

哲学堂の近くには、昭和初期に建てられた野方配水塔(水道タンク)があって、
前日にたまたま給水塔についても検索していたので
(10年前は団地や水道局の給水塔を撮り歩いていました)、
思いがけず~涅槃仏と給水塔に呼ばれたといったら変ですが~、
初対面と再会を果たしました。

c0039685_11374867.jpg
[PR]

by 100chedi | 2012-10-23 11:44 | タイ王国 | Comments(0)

前のエントリーでも「悲劇」なんて使いましたが、こちらは本当の悲劇。
9月の終わりにバングラデシュで、暴徒化したイスラム教徒に
仏教寺院が焼き討ちされたというニュースをぼーっと聞き流していたのですが、
そういえばバングラデシュの涅槃仏をちゃんと検索していなかったと思って調べてみると、
凄惨な状況だったのですね。
[PR]

by 100chedi | 2012-10-22 12:32 | その他 | Comments(0)

さて、この企画も最後です。
あまり涅槃仏の多くない国のものをまとめて紹介します。

インド
2つしかありませんが(もしかすると他にあるかもしれませんが)、
ともにとても重要です。

ニルヴァーナ寺院(涅槃堂) クシナガラ (釈迦入滅の地)

アジャンター第26窟 アジャンター (世界遺産の磨崖仏)


ラオス
世界遺産の地、ルアンパバーンから2つ選びました。

ワット・シェントーン ルアンパバーン

ワット・パバートタイ ルアンパバーン


マレーシア
他の国にあったら選ばれませんが、観光名所なので一応。

ワット・チャヤマンカララーム ペナン

チャラ洞窟 クアンタン

ベトナムやインドネシアにもそこそこ大きいものがありますが、
新しく観光名所にもなっていないようです。


韓国
古いものではなさそうですが、薬師如来の涅槃像と珍しく、中に入れるようです。
余談ですが、臥佛で検索すると全羅南道和順の雲住寺という所の磨崖仏が出てきますが、
地面から出ている石に坐像だか立像を彫ったので、寝ているように見えるだけで、
涅槃仏ではありません。

百泉寺 慶尚南道泗川


タジキスタン
6~8世紀頃の古いものです。日本で公開されたことがあるみたいですね。

ドゥシャンベ国立博物館(アジナ・デパ出土) ドゥシャンベ


アフガニスタン
トリはやはりこれでしょう。玄奘三蔵が見たという涅槃仏です。

幻の300m涅槃仏 バーミヤン


追記
中国で2ヶ所追加です。
法王寺 河南省鄭州市

千尊玉佛寺  天津市西青区
[PR]

by 100chedi | 2012-10-21 16:30 | その他 | Comments(0)

寝釈迦で画像検索していたら、
シュエターリャウンによく似た涅槃仏の正体がわかりました。
セインターリャウン・パゴダというそうです。
こちらも古いものみたいですね。

あとチャウッタージー・パゴダの初代の写真も見付かりました。
露座で遠くから見えたらわくわくしたと思うのですが、なんで壊しちゃったのでしょう.....
[PR]

by 100chedi | 2012-10-20 16:24 | ミャンマー | Comments(0)

カンボジアは3ヶ所くらいかなと思っていたのですが、
探してみると古そうな所がいくつか出てきたので、
単独で立てることにしました。

Wat Preah Prom Rath シェムリアップ

プノンクーレン(プリア・アントン) シェムリァップ

アンコールワット シェムリァップ

バプーオン シェムリァップ

ワット・タプローム タケオ

プノンソントック コンポントム (5体)

プノンウドン カンダール (足のみ)

プノンプロサット カンダール

あと、この涅槃仏(検索結果1番目バナーの磨崖仏)は
おそらくプノンクーレン付近にあるものだと思うのですが、
現時点で他に情報を見付けられなかったので、詳細不明です。
[PR]

by 100chedi | 2012-10-20 15:23 | その他 | Comments(0)