人気ブログランキング |
このブログも長らく放置していますが、しばらくタイへ行く事もなさそうです。

それでもライフワーク的にタイの涅槃仏についてはネットで情報を集めていて、
550寺以上にあることが分かっています。
(本尊や、礼拝堂に祀ってある大きなもので、曜日仏等は除く)
寺の名前と、県、郡、町、写真を載せたリストも185ページになりました。

タイでは、バンコクとその周辺の涅槃仏のガイドブックが出版された事もあるので、
全国的なものを作ればそれなりに興味を引くと思いますし、
外国人向けは比較的行き易い場所を選び、地方の特色を織り交ぜたものにすれば、
バンコクとリゾート中心の観光から、広がりを持たせることも出来ます。

ただ私ひとりの知識、人脈、能力(語学力等)では当分事が進みそうもないので、
可能性を求めて、取りあえずここに書いてみようと思ったわけです。
修復されずに朽ちていく仏像があったり、
去年の洪水でアユタヤの涅槃仏が被害を受けた事をネットの画像で知ったりして、
あまりのんびりもしていられないと言うこともあります。

具体的に取材をするとなると、200カ所程から絞り込む必要があるので、
77県ほぼすべてを周るのに数か月はかかるでしょう。
下世話に言えば金になる話でも無いし、
どこかの出版社に取材費自腹の持ち込みか、自費出版するようなネタです。
政府観光庁が興味を持ってくれると良いのですが...
(前に銀座で涅槃仏について聞いたり、現地のオフィスにメールで問い合わせても、
知らなかったり、返事が無かったりで、そのルートは躊躇しています)

チャイナートにある朽ちかけた涅槃仏

地図

一応、本の表紙は考えてあります。

タイのプラ・ノーンを世界へ_c0039685_2030681.jpg


タイのプラ・ノーンを世界へ_c0039685_20325115.jpg



興味を持たれた方は、コメントをお願いします。

by 100chedi | 2012-06-12 20:41 | タイ王国

<< #241 ワット・バーンプリー...    #240 ワット・プアク・チャ... >>