人気ブログランキング |
วัดป่าโมกวรวิหาร

タイに数あるお寺の中で心に残る場所を大きく2つに分けると、
1つはいわゆる名刹と呼ばれる古い建物が残っている所で、
もう1つは寺が生活の中心になっている人々の暖かさが伝わってくる所です。
今回紹介するアーントーン県のワット・パー・モークはその2つが当てはまる素晴らしいお寺です。

#030 ワット・パー・モーク(วัดป่าโมกวรวิหาร) ~アーントーン~_c0039685_11363254.jpg


バンコクから車で2時間弱、アユタヤの先にあるアーントーンの中心からさらに20分ほど行ったところにあります。
この寺のことを知ったガイドブックの表記がバーモッコとなっていたので地元の人にうまく伝わらず
(日本語では点とマルの違いなのですが)、
数人の人が集まって来て考えてくれてようやく分かりました。

#030 ワット・パー・モーク(วัดป่าโมกวรวิหาร) ~アーントーン~_c0039685_1136457.jpg



#030 ワット・パー・モーク(วัดป่าโมกวรวิหาร) ~アーントーン~_c0039685_11485099.jpg


本堂前の礼拝所。尼僧が数人いてタンブンをするとお守りや聖水をくれたり、頭に水を掛けてくれたりします。

#030 ワット・パー・モーク(วัดป่าโมกวรวิหาร) ~アーントーン~_c0039685_11493880.jpg



#030 ワット・パー・モーク(วัดป่าโมกวรวิหาร) ~アーントーン~_c0039685_1153758.jpg


タンブンの一つ。お札を挟んで供えます。

#030 ワット・パー・モーク(วัดป่าโมกวรวิหาร) ~アーントーン~_c0039685_11552980.jpg


本尊のPhra Buddha Saiyat(พระพุทธไสยาสน์)。長さ20数メートルの涅槃仏です。
堂内にこの仏様にお祈りした事で病気が治り、それ以来寺の手伝いをしているというお婆さんがいて、
タイ語はほとんど分からないので、良い事がありますようにとか、帰りを気をつけて、
くらいしか理解できませんでしたが、色々と話を聞かせてくれました。
僕は仏教を信じているわけではありませんが、この寺の人たちから伝わってくる優しさや素朴さというものに触れてから、
今まではただ単に心地よさだけで寺に来ていましたが、純粋な祈りというものを少しは理解できるようになりました。

手を合わせ願い事をしながら涅槃仏を3周しました。

#030 ワット・パー・モーク(วัดป่าโมกวรวิหาร) ~アーントーン~_c0039685_12205623.jpg


仏足石を祀ってあるお堂もあります。
写真はありませんが、本堂の側面にメ・ナーン・マ・カームという女傑というか英雄の像があり、
こちらも信仰を集めています。

by 100chedi | 2005-03-06 12:46 | アーントーン

<< #031 ワット・サオ・トン・...    #029 ワット・タム・スー(... >>